上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(:3)rz ……

(:3)rz みなさん…もう秋ですねぇ。

(:3)rz 秋にはいろんな秋がありますねぇ。


秋と言えばッ!!(#゚Д゚)=○)3)rz:;*.':;オータムッ!!


そう、読書の秋。なんてのはいかがでしょうか。


今回、秋を堪能させてくれる方々はこちらです!( ゚∀゚)o彡゜ヨッシャー

いつもお世話になってます!

*。:゜+(人*´∀`)+゜:。* ぽちこ嬢 と

始めまして!で、なぜコロタシ…w

.+:。(´ω`*)゜.+:。 その婿殿です!



―――ラグナロクオンラインの世界には

( ´_ゝ`)読むことができる本が2冊存在する。
本日、我々が手にした一冊の書に注目してみよう。


        ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) スティールコイン!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''

『世紀末カプラ伝説1巻』

(´゚ω゚):;*.':;どっかで聞いたことあるタイトルッ




まぁ、いつもお世話になっているぽん酢姉ぇさんがですね。
シエン所属のDADADA団のたまり場にいたわけですよ。
('A`)ぽちこ嬢と俺はまぁぽん姉ぇに用事があったわけで。
でも…反応がないわけで。

( ゚∀゚)あの手この手をつかって気づいてもらおう!っていうことで。



ぽん姉ぇを呼び起こす作業だったりして。

(´A')手段なんか選んでられなかったわけで。

他にもスリッパcをばら撒いてみたり( ゚∀゚)o彡゜オラァッ!!
料理を周辺にぶちまけてみたり(σ゚∀゚)σウホ、イイニホヒ!!
まぁ最後の作戦として…

アフター「(:D)rz読書の秋ってことで、本でも読んで反応待とうぜ」

('A`)えらく適当に待つことにした。





――― 『世紀末カプラ伝説1巻』 とは。

どーん!
そう、左上の本アイコンをクリックすることで
なんと実際に本の内容を閲覧することのできる
( ゚д゚)珍しいアイテムなのだ。

( ゚д゚ )


世○末覇者伝説と似すぎだろjk
↑こんなかんじ。



さーらーにー( ノ゚Д゚)

自動朗読機能!ヒャッホウ!
うん、お嬢さん。なんか変な文字被ってるよ!?

文字化けはやく対応しようぜがんほー(ノ∀`)

ってなわけで、この自動朗読機能。
一度クリックすれば本の内容を最後まで
自動でログを流してくれるというすぐれものなんだぜ!
ただし、クリックした本人しか自動朗読が始まらないため
(´゚ω゚):;*.':;他の人にはまったく聞こえないんだぜ!
つまり、ぽん姉ぇに本の内容を聞かせるためには―――



(:D)rz さっそく読んでみた。



【自動朗読VS手動朗読】 ~ ROUND 1 ~
『Ver.アフター』 [ 完全コピータイプ ]


アフター : 世紀末カプラ伝説
アフター : これは、遠い昔からかぷらせんた0-に伝わる、とてもしんじがたうぃあ
アフター : しzにがたい伝説のようあn話である。



(´゚ω゚):;*.':;あの…自動朗読早すぎ。



アフター : ∑('A`;≡;´A'):;*.':;タイピングが追いつかねぇんだぜ!
ぽちこ. : ちゃんと読んでアフターさん
アフター : Σ(゚Д゚;)や、これほんと難しいんだぜ!

 アフター ('A`) 完 全 敗 北 !!



【自動朗読VS手動朗読】 ~ ROUND 2 ~
『Ver.ぽちこ嬢』 [ 要約タイプ ]


ぽちこ. : せいきまつかぷらでんせつ

っちょwまてwwww

Σ(゚Д゚;)はしょりすぎじゃねェ!?www


(((( ;゜д゜)))嫌な予感がしたw


              ⊂(゚Д゚,,⊂⌒`つ≡≡≡ 中略


ぽちこ. : 眼を覚ました。
ぽちこ. : 大きな人の姿だった。
ぽちこ. : エプロンがチラっと見えた。
ぽちこ. : もういないはずなのに・・・。


意味フwwwwwww

ごめん、全ッ然意味が理解(わ)かんねぇwww



や、おそらく自動朗読の速度には
完全に対応できてると思うんだ。うん。
一文ずつ流れてくる内容を毎回要約してるから
(´゚ω゚):;*.':;結局 話のスジがなんも見えてこないっすwww



              ⊂(゚Д゚,,⊂⌒`つ≡≡≡ そして―――



ぽちこ. : 指一本で十分だ!
ぽちこ. : ランプが狂ったように
ぽちこ. : 電源OFF
ぽちこ. : ウイーン
アフター : ランプが狂ったように電源OFFwwwwwwwwww
ぽちこ. : アルデバランはどっちですか?
OZMA : すでにカオスw
アフター : w
ぽちこ. : すぐに会おう・・・姉妹達よ・・・!
アフター : おもれぇwww
ぽちこ. : ー続く

えっ続編!?www

(*´゚ω゚):;*.':;えっ、これ続編あんの!?


ぽちこ嬢 完 全 読 破 *。:゜+(人*´∀`)+゜:。*


色々と問題アリだけどとりあえずクリアおめでとう!

('A`)ぽん姉ぇがまだ反応ないようなので…

( ゚д゚)続きいきますかぁー




【自動朗読VS手動朗読】 ~ ROUND 3 ~


※('A`;≡;´A')あまりに神展開だったゆえに
  特別に全文を掲載します。
  途中、ツッコミがありますが、実際はもっと突っ込んでます。
  なお、ゲーム内で閲覧できる内容とはかなり異なります。
  てかもうフィクションって言わなきゃウソですこれ。


(:D)rz それではお時間の許す限り、どうぞごゆっくりとお読みください。





『Ver.婿殿』 [ ごり押しタイプ ]


OZMA : 世紀末(ry
OZMA : これは、遠い昔から(ry
OZMA : 山岳の都市、フェイヨン。
OZMA : 防衛線は崩れ
OZMA : 人々は根本から破壊されつつあった
OZMA : ぼろぼろになっているこの街が状況を語っていた
OZMA : 非難もでいない老人達が
OZMA : いるだけだった
OZMA : フェイヨンの深い地下から
OZMA : 読み取れる
OZMA : 座ったまま
OZMA : 目を覚ました
OZMA : 老婆が目にしたのは
OZMA : 黒い満都を被っている大きな非との菅田だった。

   (´゚ω゚):;*.':; スガタ誰だよwww

OZMA : その体を総て各巣には短い満都の下に
OZMA : 城井エプロンがちらっと視得た
OZMA : 其れを観た老婆は、納戸も眼を擦りながら
OZMA : 不思議そうに呟いた
OZMA : 彼女の呟きに、隣の老人が云う
OZMA : 俊のせいだよ

   Σ(゚Д゚;)おい老人、シュンって誰だwww

OZMA : 老婆は、自分が目にした物を無死して
OZMA : 二たび目を瞑り、眠ろうとした(永眠的な意味で

OZMA : 大きな人は、町にある坂場の法へとすたすた歩いた
OZMA : ドアを飽ける音が聴こえ、裂かばの炭によったまま坐っていた男が
OZMA : ドアの砲を観て呟いた
OZMA : ここには瓜物なんて、残ってないよ
OZMA : 酒場の仲に這入ってきた大きな人は、その男に効いた
OZMA : 個々のマスターですか?

   (*´゚ω゚):;*.':;マスター何人いるんだよwwwww

OZMA : 男は変事するのも面倒七日、酒棚を指刺した
OZMA : が欲しいなら、あっちの棚にある者を採り菜よ
OZMA : 瓜者にもならない科だけど・・・隙にしてくれ
OZMA : 男の言葉を効いた大きな火とは、田奈から一番鮭がたくさん入っている
OZMA : ビンを取り
OZMA : 男の隣に坐って、ビンのまま飲み始めた
OZMA : ゴクンゴクンと音を出しながら、負いしそうに鮭を飲み干した

OZMA : 大きな火とは、朽ちを啓いた
OZMA : マスター、この魔地に何があったのですか?
OZMA : 渋く低い超えに、眠気が富んだのか
OZMA : 男は目を啓いて変事をした
OZMA : 知らないのか?永井英田、外国にでも逝っていたのかね

   ∑('A`;≡;´A'):;*.':;永井英田しらねぇよwww

OZMA : 男は隣に据わっている大きな碑との顔をチラっと見てから
OZMA : ゆっくりと籍から建ちあがった
OZMA : 顔を隔している古都から見て・・・名にか和気がある酔うだね
OZMA : つまみ無しに裂けを飲むのは、殻だに良くないね。チーズでも食べるかい?
OZMA : 戴きます
OZMA : 男はチーズの塊りを堕した

要人不覚チーズ
OZMA : 大きな碑とは、要人不覚チーズにゆっくり手を延した


OZMA : チーズを執る手は、掃討な苦牢をして北陽で、指は不徳、膚は難そうだった
OZMA : (ry達が消えた後、この待ちとダンジョンを沸けていた血塊が恋われたんだ

   ( ゚д゚) ????

OZMA : それで・・・比が繰れると、モンスターが溢れだしてしまってさ・・・
OZMA : 帰納も老婆が一人浚われたのさ
OZMA : 満都を被った大きな費とは、哀しそうに貴意他
OZMA : ここに、(ryは・・・いないのですか?

OZMA : 男は下を撃った後、花氏を続けた

OZMA : 呱呱だけじゃない
OZMA : (ry
OZMA : 男の葉梨を効いた大きな費とは、ボソボソと離した
OZMA : それじゃ、(ryが戻って北としても・・・志方がないな・・・

   ( ゚д゚)ちょ… 「(ry」 って人名w?

OZMA : 男はこれを聴いて、また下を打った
OZMA : 疎との老人太刀は三田下位?
OZMA : 老人太刀は、昔の(ryが戻ってきてくれると、経んな北井をもって
OZMA : 街続けているんだ
OZMA : でも、(ryが戻って北常呂で、川りゃしない
OZMA : どうせ、この街には死掛けた老人ばかりで、働ける裳のも稲井し・・・

OZMA : 男は顔を四課目、履くように呟いた
OZMA : (ry・・・くそったれだ!
OZMA : 大きな費とは、何も云わずに咲けを飲んだ
OZMA : そして、シーンと沈黙が凪がれた

OZMA : 暫くした跡、奇怪恩が聴こえて来た
OZMA : ピピ・・・(ry、76歳、男
OZMA : 三本確認完了

   (*´゚ω゚):;*.':;3本ってなにww何の確認だwww

OZMA : 提起税金の滞納を確認
OZMA : 本社魔での銅鉱を洋弓する

   ('A`)???

OZMA : 逸れは、(ryの乞えだった
OZMA : 之を利いた鮭場のマスターの顔が苦楽なった

苦楽の顔ってどっちだwwwww

OZMA : ジジィ・・・税金くらいちゃんと腹っときゃいいじゃないか・・・
OZMA : 男は鮭をグラスに潅いだ

   Σ(゚Д゚;)鮭をグラスに注ぐなwww

OZMA : 大きな費とは男に効いた
OZMA : 税金を祓ってない非とは・・・どうなるんですか?
OZMA : 極まってるだろう?本社魔で連衡され、
     老役をさせられるか伊江を奪われるか
OZMA : どっちかになるんだよ

   (*´゚ω゚):;*.':;どっちかといえば伊江さんが心配です。

OZMA : あの老人を援ける琴は出来ませんか?
OZMA : あんなジジィを壱里助けたところで、菜にも河りゃしないだろう?
OZMA : 男は紀文が悪くなったのか、をゴクゴクと飲み干した

OZMA : 疎とからは(ryの肥えが聴こえ続けた
OZMA : (ry 手以降する場合は、強勢失効に映る
OZMA : (ryの言葉が終わったとたん、勤続のぶつかる音が聴こえた
OZMA : 他聞、老人が(ryに何かを和げたのだろう
OZMA : (ry (ryを攻撃する好意は、想い処罰に当たる訃報好意だ!
OZMA : これは酷夏財産である

   Σ(`Д´;)だから酷夏って誰だよ!新キャラ出すぎだよw!

OZMA : 命令に従わない場合は、ここで射殺する場合もある
OZMA : 老人は命令に従っていないようだ
OZMA : (ry 武器を棄てろ。これは国花の財産

   (*´゚ω゚):;*.':;あれっw? 酷夏の財産→国花の財産???

OZMA : 命令に従わないと、社刷する

   (ノ∀`)もう勝手に会社で印刷してくれwww

OZMA : 坂場の男は、紗刹すると利くと童子に、グラスを和げて差遣だ
OZMA : あの徹葛野郎ー!蓑ほども知らず、ベラベラ喋りやがってー!!
OZMA : 男は加部に欠けられたライフルを手に執り、鮭場の祖とへと鳶堕した
OZMA : 満都を被った大きな灯とは、男を後から見て、鮭を飲むだけであった
OZMA : 男は、ライフルで(ryを狙い、差遣だ
OZMA : 刻下財産だと?ハァ?
OZMA : いつから御前等が、酷夏のものになったんだよー!ハァ?

OZMA : ピピ・・・(ry 38歳、男
OZMA : 御許確認官僚

   ∑(゚Д゚;≡;゚Д゚)酷夏 38歳 男。そして官僚。

OZMA : 2ミリのライフル部総
OZMA : 倉皇の破戒栗は・・・0.001%。
         知名敵尊称確率はゼロ
OZMA : 戦力文責官僚

OZMA : 田立に、武装を介助し登校せよ
OZMA : ふざけやがって・・・
OZMA : 呟きと同字に男のライフルが秘を拭いた

OZMA :十世に愕いた老人太刀は、自分たちの伊江に戻り、ドアを占めた。
OZMA : ライフルの多磨は、(ryの走行にかすり創さえも漬けられなかった
OZMA : トッタマが堕ちる音がした跡、(ryの認識送致のランプが紅く光った

OZMA : 霜降破戒0 尊称0 攻撃に横線する
OZMA : (ryは巨大なガトリングガンを堕した
OZMA : たたたたたたた
OZMA : 病辺り参発の、割とお染の八方だったが、その偉力は怖ろしいものだった
OZMA : 男は、飴粒の用に降注ぐ十段の英田を、ジグザグに奔りぬけ
OZMA : ライフルの銃低で(ryの顔面を今日だした

   (*´゚ω゚):;*.':;????

OZMA : しかし、エルニウム合金の走行を持つ(ryの顔面はとても家宅
OZMA : ライフルの十進は撥ね返されるばかりだった
OZMA : 男は、(ryの目が届かない茶菓の下に鳶織田

   ヽ('A`*)トビ オリタ。 ノビ ノ○タ。

OZMA : 奇怪がここまで降りるのは・・・無理だよな!
OZMA : 逝き酔う様と差遣だ男は、遺骸な天界に慌てるしかなかった
OZMA : (ryは、男を負うミッションを秋涼させ、継ぎのミッションを十校しようと
OZMA : していた
OZMA : 魔地全体が(ryに手以降する古都から、敵意を持っていると判断
OZMA : 魔地の善賞許可を求める
OZMA : (ryは麻智の前称許可を、(ryに洋弓していたのだ
OZMA : それを効いた男、(ryは阪の上に昇って叫んだ

OZMA : 誰がやさせるかよ!
OZMA : ふざけるんじゃない!


   ;:゙;`;(゜ロ゜)お前がふざけんなwww

OZMA : 許可が下りたのか、(ryのガトリングガンの下から、買えん砲車口
OZMA : 出てきた
OZMA : (ryは素手に、この麻智をやす準備を終えていた

OZMA : 男、(ryは、左記の銃撃で老人太刀伊江那加にいることを想い出して
OZMA : さけんだ
OZMA : このクソドラム官めー!
     クソドラム教官www

OZMA : (ryからの商人の十両官僚。麻智の償却にかかる

OZMA : 先ずは、税金聴衆を巨費した(ryの仕度
OZMA : (ryは医師を拾い、(ryの頭に投げた

   ( ゚д゚)医師を拾って自分の頭に投げた???

OZMA : 「カーン」と渇いた音と友に(ryの頭が大きく由来だが、
OZMA : (ryは構わずに償却の準備をしていた

OZMA : 少し異動して、非を放つ差異的な場所へ異動した(ryは
OZMA : やがて(ryの井江に巨大な焔を放った
OZMA : やめろぉおおおお
OZMA : (ryの鮭美は、虚しく響き渡った

OZMA : (ryの買えん報謝気から放たれた焔は
OZMA : あっという間に伊江大井萌やしていた

OZMA : (ryは、居得の那加にいる老人を休出しようと、
OZMA : 居得の那加に鳶混もうとした
OZMA : 疎の時、(ryの獣が(ryの崩を向いた

   (*゚д゚):;*.':;????

OZMA : 動くな!(ry 壱歩でも動いたら、校務失効望外美奈氏、紗刹する!

   (*゚゚ω):;*.':;美奈氏涙目wwwww

OZMA : (ryのガトリングガンは、(ryの比田井に狙いを漬けていた
OZMA : (ryは、だが振るえる歩度の碇をじていた
OZMA : しかし、怖ろしい智からをもつ(ryの舞えでは、
OZMA : 齢人減に過ぎない(ryは、そのまま(ryに屈伏するしかなかった

OZMA : その土岐だった

OZMA : ・・・
OZMA : ピピ!
OZMA : 焔から、満都をかけた碑とが、老人を舵機かかえて出て来た
OZMA : あなたは!?
OZMA : (ryはその碑とが、自分の鮭場で酒を飲んでいた旅人だとわかった
OZMA : (ryは阿多らしい笛の出現に認識送致を働かせた

OZMA : ピピ・・・生江・・・不明、性別・・・不明・・・年令・・・不明

  Σ(゚Д゚;)い、生江ぇえええ!!!

OZMA : データベースに登録されていない∃
OZMA : (ry式成魚質は、慎重210ゼンチ、体重109㌔の

   (*´゚ω゚):;*.':;おいwwwゼンチってなんだwww

OZMA : 三本不明の人のデータを健作してくれ
OZMA : (ryが乗法把握の貯めに慌てている相田、満都の人は
OZMA : あっちこっちから老人を巣食い堕し、其の辺の明地に降ろし、(ryに逝った
OZMA : 幸い、がは酷くありません
OZMA : この方々を安善な場所へ・・・
OZMA : (ryは老人断ちを安善な場所へ異動させ創めた

OZMA : (ryは、(ryに向けていた柔を満都の碑とに向けた
OZMA : 生江、性別、年令を明石なさい
OZMA : でないと、美奈氏銭湯モードに配流

    ∑(゚Д゚;≡;゚Д゚)笛と美奈氏が銭湯モードwwwww

OZMA : 満都の人は、(ryの砲へとゆっくり近付き始めた
OZMA : 年令は・・・24・・・
OZMA : ピピ・・・入力官僚
OZMA : 満都の人は一歩近付く旅に、一つずつ時分の古都を逝っていた
OZMA : 性別は助成・・・そして、かつての渡しの呼名は・・・

   (|||´_ゝ`)性別くらいハッキリ言えよwww

OZMA : 満都の人の・・・彼女の満都が滑らかに刷り落ちた
OZMA : そして、戦災で美しい筋肉に包まれた巨大な過多が眩しく光り
OZMA : 前進から独得なオーラを放つ彼女の菅田が表れた

   ( ゚д゚)巨大な過多さんと、その彼女の…菅田まさかの登場2回目w

OZMA : 満都の碑とを見ていた(ryと、老人断ちは、美奈してある人の名前を叫んだ
OZMA : あ・・・あなたは!
OZMA : (ry
OZMA : (ryの認識送致のランプが烈しく点滅し始めた
OZMA : 際勇戦ターゲット8件!気圏レベル10
OZMA : (ryを発券!志木成魚失の緊急滞欧を願・・・

OZMA : (ryの痛心は、そこで斬れてしまった
OZMA : ぐしゃーっ
OZMA : もの凄い音と智に、(ryの巨大な古武士が(ryの顔面を潰した

   また自分に攻撃したぁッ!Σ(゚Д゚;)

OZMA : 2メートル50セントもの巨体を誇る(ryは、そのまま打っ飛ばされた

単位がおかしいwwwwwww
   (ノ∀`)2メートル50セントwww単位バグりすぎ噴いたwwwwwwww

OZMA : やっとバランスを取りもどした(ryは、志木制御執へと慌てて痛心を試みた
OZMA : ピピ・・・効きレベル10、効きレベル10、緊急事態・・・
OZMA : (ryは、教父を理会できない機会
OZMA : なのに、(ryの導体が奮えていた
OZMA : (ryが、ゆっくりと近付き、(ryを美緒ろした
OZMA : さっきのは、御前等の御陰で名前を喪われた、私の猪狩・・・
OZMA : (ryの顔面に、(ryの影が遷った
OZMA : これは、私の四枚達那賀した奈美
OZMA : 勤続が壊れる音と智に、(ryは足で(ryの旨を貫いた
OZMA : (ryの旨を蓋っていた70ミロのエルニウム倉皇は、紙屑の要に散ってしまった

   (*´゚ω゚):;*.':;70ミロwwwwwwwwwwww

OZMA : (ryは慌てて行った
OZMA : もうすぐ、本体がここに・・・私を倒しても徒だ
OZMA : それを利いた(ryは「ふっ」と哂った
OZMA : そして、(ryに銘じた
OZMA : (ry、私の言葉を本社に百々家なさい
OZMA : (ryは音勢認識センサーを茶道させた
OZMA : そして、(ryは喋り始めた
OZMA : 生きている(ryが、私独りだと想わない砲がいい
もうだめだwww

OZMA : (ryの言葉は、(ry本社の名嘉に凪がれている
OZMA : お前らを倒すには、指1本で重文だ!

    ヽ(`д´*)ノ まさに世紀末○○伝説!!

OZMA : (ryの認識送致のランプが、狂った要に点滅を久利帰していた
OZMA : (ryの指は、ゆっくりと(ryの電源に近付いた
OZMA : そして電源OFF
OZMA : ウィーン
OZMA : モーターの指導恩が戸麻った。(ryは(ryに振り向き、聴いた

OZMA : アルデバランはどっちですか?

OZMA : (ryは、和気の解からないまま奈美だが古見挙げるのを
OZMA : やっとの想いで抑えながら
OZMA : 北星を指差した
OZMA : すぐに会おう・・・四枚達とよ・・・!

OZMA : 通津苦
                       to be continued …



――― 登場人物  ―――
No.00 (ry:本編の主人公。よく自身を痛めつける癖がある。
No.01 菅田:独特のオーラを放つ。序盤と終盤に出没。男だけど、過多さんの彼女
No.02 城井:登場と同時に退場した男。
No.03 老婆:たくさん出てくる。
No.04 老人:この人もたくさん出てくる。最後は主人公が断った。
No.05 裂場に座っていた男:鮭場と裂け場はイコールっぽい。
No.06 個々のマスター:鮭場に複数いる
No.07 田奈:酒場の客。
No.08 永井英田:ながい えいた。十段。飴粒のように降り注いだ。
No.09 花氏:一発屋。
No.10 北井:いろんな北井がいる。老人太刀にもってこられた人。
No.11 稲井:働けるのは稲井ただ一人。
No.12 伊江さん:奪われそうになる人。名前は那加さん?井江とも呼ばれる。
No.13 紀文:のりふみ。
No.14 国花:資産家。
No.15 童子:グラスを何かした人。
No.16 徹葛:ベラベラしゃべりやがった人。
No.17 酷夏:官僚。38歳の男。刻下?財産を持つ。財産は国花と共有?
No.18 エルニウム倉皇(70ミロ):破戒栗は0.001%。知名敵尊称確立はゼロ。
No.19 田立:武装介助して登校した。
No.20 トッ&タマ:堕ちたペット。
No.21 織田:茶菓の下に織田。
No.22 麻智:たくさん許可を出した人。
No.23 クソドラム官:教官。
No.24 医師:投げられた医師。硬い。
No.25 大井:伊江に萌やされた男。あっという間だった。
No.26 美奈氏:校務失効望外とセットで。
No.27 比田井:ガトリングガンで狙われ続けた人。
No.28 生江:行方不明。最初から最後まで行方不明。
No.29 過多:戦災で美しい筋肉に包まれた巨大な男。彼女は菅田
No.30 相田:主人公が乗法を計算しているとき、慌てていた男。

No.XX その他大勢隠れていそう。


――― キーアイテム ―――
①要人不覚チーズ
②十世に愕いた老人太刀
③医師(硬い)
④笛(阿多らしい笛)


――― ピックアップ演出 ―――
①笛と美奈氏、銭湯モードに配流。
②戦災で美しい筋肉に包まれた巨大な『過多さん』が眩しく光り、
 独得なオーラを放つ『過多さん』の彼女、菅田登場。
2メートル50セントもの巨体を誇る主人公。
④主人公の4枚達が、那賀、智、奈美(一人足りない)。




( ゚д゚)




( ゚д゚ )




( ゚д゚ )ぽん姉ぇもそりゃ途中で戻るわっ!!



読書の秋   完

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://saihugakari.blog7.fc2.com/tb.php/4-189369db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。